ニノ

お久しぶりです。
このブログを使うのも久しぶりになります。

最近はポケモンは新作が出たものの今一つモチベが上がらず、ずっとファイアーエムブレムサイファをやってました。

FEの作品の中では、GBA3作と蒼炎暁がストライクな人ですが、中でもニノには非常に思い入れがあって、サイファを始めて以来ずっと収録を待ち望んでました。
ただ可愛いだけじゃなくて、作中でも芯の強さが見えるところにかっこよさも感じますよね。

そんなニノを主人公にしたデッキをここしばらくはずっと使ってきて、ある程度自分なりに7弾環境では満足のいく答えが出せたと思うので、整理もかねて記事にしてみました。

◆主な結果
・関東予選決勝T1敗退
・3月の店舗予選の権利取得

昨日までの楽天3連戦は正直言ってあり得ないと言わざるを得なかったです。

最終的にはメヒアに助けられる形で絶望感はうやむやにはなりましたが、冷静に考えて岸の1か月離脱の意味するところは今シーズンの絶望といってもいいでしょう。
と、流石にそこまで飛躍するのは流石に岸ファンの自分くらいかと思いますが、過程まで踏まえるとやはり今シーズンと来シーズンまでは最低でも優勝はおろか育成すらままならない絶望のシーズンを見せつけられそうです。
そう考えると、ここから20連敗くらいして音速で監督交代を狙ったほうが希望なんじゃないかと思ってきます。

前置きが長くなりましたが、本当に今回の1件はあり得ない。Twitterなんかでも散々荒れまくってましたが、この1件で今まで押し込んだものが一気にはじけてしまいました。

まず経緯。今回の中4日ですが理由としては「先発がいない」とかそういう動機ならギリギリ許せました。勿論根底にはバンヘッケン十亀の不調があるからなくはないのでしょうが、今回塩崎ヘッドが明言している理由は下記です。

「5月1日のSB戦に当てるために中4日にした」

この理由をみてはっきりいって「???」と思った人は多いはずです。もうこの時点でアウトでしょう。
確かにソフトバンクを意識するのは当たり前っちゃ当たり前です。前年の優勝チームですから。
ですが4月の1戦に勝つためにするようなことじゃない。目標はあくまで優勝。ソフトバンクに勝つことではありません。
極端な話、全25試合のソフトバンク戦を0勝25敗で終えたとしても、残り118試合を全勝すれば優勝できる確率は十分あるわけです。
にも関わらずシーズン序盤のたかが1試合のために余りにもデメリットの大きい行為をしすぎでしょう。

加えて、チームの序盤としてはメンタル的にもマイナス要素が大きいと見込まれます。ソフトバンクとしては貯金もあるので
対岸で負けるとしても次に切り替えればいいで済むでしょうが、西武としては
「中4日までして岸を持ってきたから勝たなければいけない」
楽天戦では岸を楽させなきゃいけないから打たなきゃいけない」
などシーズン終盤ならいざ知らず序盤に無意味な精神的負荷がかかる気がします。
それだったら、日曜日に光成なり佐藤勇なりを先発させて、「若手に期待している!」とどっしり構えたほうがずっと良いでしょう。
このようなことをして若手の出るチャンスを潰しては、若手としても期待されてないと思って発奮できないでしょう。
これは先日の岡本洋の昇格でも言えると思う。岡本は2軍調整後、あれ程内容が悪かったにもかかわらず、なんと僅か3試合4投球回しか投げずに再昇格しています。
成績だけ見ても今日上がった南川や藤原、宮田あたりを昇格させるべきでしょう。1軍経験があるからといってロクに調整させずに再昇格させるのは、当人だけではなく2軍で成績を残している他のメンバーにも悪影響と言わざる負えない。結局岡本はまた抹消されました。何を見て昇格を決めたのでしょうか?

2013年まで指揮されていた渡辺元監督は、こういった起用はうまかったと思います。いい意味で失敗に寛容というか、1試合を大切にしつつも、若手に任せることで成長させようとする器の大きさが感じられました。申し訳ないが田辺さんや潮崎氏からはそのような気概が感じられない。それどころか首脳陣が試合に対して無関心であったり、戦う前から焦っていたりするような気がします。この時期の首位攻防戦でガタガタするヘッドコーチ。きわどい判定でもロクに抗議に行かない、酷いエラーをしてもフォローも檄も飛ばさないヘラヘラした監督。
現場を分からないファンが何言ってんだって話かもしれませんが、少なくとも渡辺氏の時のほうが試合に対して、選手に対して熱が入っていた気がしています。

フロントについてはもう散々言ってきて改善しないんで期待もしていません。高額外人をとるのもいいですが、コンディショニング、作戦面のデータ分析、メンタル面のフォロー。1億4千万円あったらもっと使い道あるんじゃないんですか? むしろそういう使い道にシフトしていからこそ郭を外国人枠に割くメリットがあるのだと思っていました。

浅村の不振、岸をはじめとした故障者の多さ、追いつけない打線、逃げ切れない投手陣。課題は同じなんだし、選手はそう簡単に特性を変えられないのであればそれは組織としてケアすべき課題でしょう。
岸に2億以上払ってるなら最大限活用すべく故障させないように組織としてコンディション部門を強化すればいい。
浅村は長期不振に陥るときはその殆どがメンタルっぽいんだからそこをフォローできるようにすればいい。
打線が追いつけないのであれば、中継ぎ投手陣に絞って攻略法を研究すべき。
内野失策が多いのならばシフトでカバーするとか方法だってあるはず。際どいプレーにしなければ送球で焦ることも減らせるわけですし。

何の工夫も感じられない。ソフトバンクへの対策にしたって、ロッテの柳田シフトのように汎用性のある対策案を検討すべき。岸がソフトバンク戦負けなしだから当てるとかほざいてたが、別に打たれてないわけじゃなくてたまたま負けが付かないだけの試合も相当数ある。

いい加減見ていて気分が悪いです。田辺さんが悪い人じゃないのは分かるんだけど、監督としてはあまりに適性がない。これは潮崎氏も同じと思う。潮崎氏に至っては元々スカウトがやりたかったのにフロントの采配でむりくりやらされてる所もある。いい加減、OBに拘らない勝てる・気概のある人に采配を振るってほしい。どうしてもいないのであれば渡辺SDに再度監督を依頼してはどうだろうか。

えらい長文になったけど、本当に首脳陣は猛省してほしい。このままじゃ到底納得できない。

お久しぶりです

お久しぶりです。
中々忙しい時期が続いておりましてブログの更新が滞っておりましたが、更新していない間にいろんなことが起きましたね。
これから少し落ち着いてくるので、ブログや生放送、もちろんポケモンを再開していこうかと思っています。

でもまずはこれだけは言っておきたい!

また再開していくので、よろしくお願いいたします。

人狼オールスター 最終戦4日目まで考察

動画でもライン戦は見ごたえがありますねー
もうちょいリアルでもライン戦増えていいんじゃないかと思ってます。
ぶっちゃけ霊ロラって言うほどメリットの大きい戦略じゃないと思いますし。

ただ18程度の村だとまず狼が霊能に出ない可能性が大でそもそも霊2になりにくい。
仮に霊能2になったとして大半は真狂なんだろうが真狂読みで放置したら真狼でしたは笑えないし。
それ以上に狼4以上でも猫がいる場合グレランや指定で狩人だけでなく猫があぶれたり吊れたりするリスクがあるため
霊ロラ安定というのは事実なんですが。
とはいえたまにはライン戦もしたいものです。

まぁ本題の動画の考察。今回の展開だと序盤に死んでるのは殆ど素村っぽい雰囲気なので、残りの村から逆算して役職を考えてみます。
今回は22人村で、内8名が素村、その他役職がもろもろって感じです。

①現時点
確定情報+確定に近い(暫定的にそう仮定)情報がまず以下の通り

村陣営
占い
霊能
狩人
共有 霧切 オベイロン
猫又
村人 七海 矢倉 左右田 キリト(残4)
狼陣営
狂信
狐陣営
背徳

現時点での完グレ…須田 永井 ピオニー ルーク ディスト
暫定○…狛枝 カムクラ ヒースクリフ 宮田

襲撃死した面子は狩人抱え落ちや背徳潜伏死は可能性としては有り得ますが、
発言等からそういった印象は受けないのでひとまず素村かなと。
初日の七海もCO数からして潜伏役職以外は抱え落ちはしてないように見える為、暫定的に素村でいいと思います。

キリトはCOなしならば素村、一応狐陣営濃厚のアスナにフォローは入れていたため薄く背徳といった程度でしょう。
ですが3日目のアスナの信用落としの発言からも素村でいいと思うのでここも固定します。

つまり素村は残り4が濃厚なわけですが、苗木狂信を見ない前提ならPoHか苗木で素村が死んでそうなので実質不明な素村は3だと考えてもいいと思います。

②暫定○と完グレの内訳
村村村狼狼猫狩(背狐)(村狂)
となります。
暫定○の中では個人的にはカムクラ>宮田>ヒースクリフ=狛枝 の順で白いかなと思います。
このうち最も素村っぽいのは宮田でしょうか? 犀賀の真を見つつ偽を考慮するという視点が役持ちではなく素村に見えます。
カムクラは発言は白目ですが4日目はステ気味なのがちょっとマイナスではあります。
狩人はありえそうな位置かなとも見えますが、狂信や囲いとかには見えないので白くはあると思う。
この辺りから考えても江ノ島の真が一番ありそうに見えます。

完グレは怪しい連中しか残ってなくて難しいですね。
最も怪しいのは須田というくらい。逆に白めなのは永井でしょうか?
ルークは3日目は白い印象も持ちましたが、過剰にグレー吊りに誘導しているのが印象が良くなかったですね。

狼視点で最も助かる吊りは恐らくアスナ吊りだとは思うのですが、一方でグレー吊りに誘導すれば猫狩を炙れる可能性も出てきます。
ルークは吊られる位置ではなかったと思うので、ルークが完グレの潜伏狼、ルーク狛枝ジェイド犀賀PoHで5Wとかも普通にあり得ると思います。
完グレの位置からグレー吊りを進言し、自身が吊られなければ白い位置に収まることもできます。

ピオニーや永井は中身がかなり分かりづらいですね。普通に両方とも素村とかありそう。永井は狩人、ピオニーは猫っぽい気もしますが。
須田は何なんでしょうかね? 何か見えている雰囲気はあるし吊られるのを恐れていない感じなので苗木狂信でなければここが狂信かな?
ルークが狼でなければ須田も狼の筆頭候補でしょう。

ディストは背徳か猫又のどちらかだと踏んでいます。これはアスナの役職に依存するところもありますが。
意見の絞り方などは猫又の雰囲気があるのですが、様子見して強誘導で吊られそうになったアスナをアシストした背徳にも見えます。

③占い
個人的に信用は
江ノ島>犀賀>アスナ

アスナは極力キープはしていいと思いますが、大方狐陣営でしょう。
アスナ真だと江ノ島が狐陣営でほぼ確定しますが、初手特攻後の宮田○、カムクラ○は理由も含めて背徳の動きとは到底思えない。
とすると狐ということになるが、PoHが狼で特攻成功、サム真でない限り霊能が複数出るのはおかしくなってしまい、非常に限定的な内訳で現実味がないため
素直にサム真ならサム−江ノ島の真ラインだと思います。

犀賀−ジェイドのラインは苗木●の信用は高いですが、苗木の応対が胡散臭すぎて苗木狂信か村役の抱え落ちも視野に入れたいレベルです。
犀賀が真ならせめて3日目はもっと大人しくしたほうが良いでしょうし。

アスナは狐陣営でなおかつ位置的には狐なんだけど、結果がわざと臭い所に○打ってるようにも見えてしまうので
背徳にも見えて難しいです。

④まとめ予想
(1)江ノ島−サム ①

村陣営
占い 江ノ島
霊能 サム
狩人 苗木
共有 霧切 オベイロン
猫又 ディスト
村人 七海 矢倉 左右田 キリト
宮田 カムクラ ヒースクリフ ピオニー
狼陣営
PoH ジェイド 犀賀 狛枝 ルーク
狂信 須田
狐陣営
アスナ
背徳 永井

(2)江ノ島−サム ②

村陣営
占い 江ノ島
霊能 サム
狩人 永井
共有 霧切 オベイロン
猫又 ピオニー
村人 七海 矢倉 左右田 キリト
宮田 カムクラ ヒースクリフ 須田
狼陣営
PoH ジェイド 犀賀 狛枝 ルーク
狂信 苗木
狐陣営
アスナ
背徳 ディスト


上の2つはちょくちょく役職を入れ替えてますがディストの背猫と苗木狂信or狩人読みの違いとかが大きい点です。
実際他はほとんど当て勘な所があります。
アスナ背徳も十分ありえる範囲だと思うので難しいところ。

(3)犀賀−ジェイド
余り見ていませんがこっちだとこうなるのかなって程度。

村陣営
占い 犀賀
霊能 ジェイド
狩人 永井
共有 霧切 オベイロン
猫又 狛枝
村人 七海 矢倉 左右田 キリト
宮田 カムクラ PoH 須田
狼陣営
江ノ島 サム 苗木 ピオニー ヒースクリフ
狂信 須田
狐陣営
アスナ
背徳 ディスト

噛み先が制限される事から江ノ島が狼なら3日目に囲いはしないと思うので相変わらず宮田は村で。
カムクラも村に見えることから江ノ島の結果に囲い狼はいないと判断します。
しかし、そうなるとキリト指定前のグレーに狼2となってしまい、指定回避しづらい状況になるので
既に3日目にヒースクリフで狼が囲われており、危険を冒して囲う必要がないからカムクラ○という線が有力かと思います。
LWは難しい所ですが、須田・ピオニー辺りかなと考えています。
こっちが真なら狛枝が囲いがなくなるため、強弁の猫かなと見ます。

育成メモ

ただ候補になりそうなやつをWeb上で確認するためのメモ。
一応新規パーティの軸とするやつとかは考えてなくもないからここにいるのは暇になったらストックしとく的な意味が強い。

続きを読む

ガルーラ+α

全国ダブルといえど、かなりの割合でガルーラはPTに入るポケモンだと思っています。
実際の強力さを示す指標としては信憑性は薄いが、レートランキングでも安定して1位になっています。

ガルーラの多くは猫騙しを所有しており、エース格の働きをするメガ枠でありながら先発で出していく事の多いポケモンです。
なので、自分の考える限りのガルーラ+αを列挙してみました。

・ガルーラ+ボルトロス
→個人的に最も嫌な先発。ボルトが何してくるかわからない段階での選出なのでパターンは多種多様。
できれば威嚇を撒きたいが負けん気ボルトがいるのでそう簡単な話でもない。
此方にスカーフランドがいて、ストーンエッジ持ちならボルトを縛れる可能性もあるが、少ないもののスカーフボルトって可能性もある。
また、猫やファスガで護衛できないとランド集中の危険性もある。
ガルーラの苦手とする高速格闘に対してもフリーフォールがあるのが厄介。

・ガルーラ+アロー
→ゴツメバレルとかを意識しつつファスガ追い風でサポートっていうのを想定した組み合わせ。
これも初手スカーフランドには弱めです。
ランド含め威嚇が少ないとか、負けん気勝気要因を入れてるとかで制限をかけた場合など、場面限定的なところがあると思う。
それでもアローが器用で、相手のガルーラの行動を制限できるのでなんやかんや強いと思う。
これも高速格闘に強いってのが一つ大きいところ。
その意味でも、ファイアローは最低でも素早さ108族は抜かしておきたい。出来ればライチュウ抜ける110まで。

・ガルーラ+ランド
地震は打ちづらいが馬鹿力で代用できる場面が多いのでそれほどに気ならない。
ガルーラを初手で引っ込ませることも視野に入れる必要もあると思う。
PTによって色々と技構成に工夫が必要なポケモンだと思ってる。
個人的には地震切って大地入れるのが今は妥当なのかなって思ってます。
めざ氷は入れたいけど、ストーンエッジやとんぼ返り、馬鹿力との争いなのでどうしても漏れることは多いが
相手にする際は頭の片隅には入れておきたい。


・ガルーラ+ゲンガー
ガルーラミラーに強く、ガルーラの隣にいるマリルリとかにも圧力がかかる。
無論モロバレル等にも強い。
また、自身が素早い関係で高速格闘に対してもそれなりに圧力がかかってる。

・ガルーラ+フェアリー(マリルリ、キッス、ニンフィアetc)
面倒になってきたため一緒くたにしてしまったが、キッスとマリルリニンフィアとは毛色が大きく違う。
キッスは格闘に圧力をかけつつ、この指で護衛するのが狙い。バレルにもエアスラで圧力をかけられる。
要はガルーラを活躍させるための隣ということ。
一方、マリルリニンフィアはそれとは異なり、ガルーラを的にしてマリルリニンフィアで攻めていくことをベースにしてることが多い。
後者はゲンガーやバレルがいると成立しない面が多くあるが、そういう場合はそいつらに特に強いアロー先発のパターンも控えてるケースが多い。

・他
バレル…ガルーラ護衛を徹底しつつ、トリパも意識とか アローによわい
サザン…ゴースト 主にギルガルドを強く意識した組み合わせ 格闘にはげきよわ
ミロカロス…威嚇牽制しつつ風でサポート
クレセ…正直ガルーラはそこまでクレセとは相性がいいとは思わない。
ギルガルド…身代わりつんだり、ワイガで補助したり、ガルーラミラーで強くしたり など

まとめ
列挙はしたが、なんやかんやでガルーラの最大の弱点は高速格闘と言っていいと思う。
というか現環境だと猿が強いと思ってる。
ただマリルリやアローに隙を与えるポケモンなので、そこを考えて使わないと痛い目にあう。
次点でコバルオン辺りも面白いかなって考えてます。

後はvsガルーラを考えすぎると特に穴になりやすいのが、ミロカロスマリルリ等の水連中だと思う。
特に今の環境だと安直に竜を採用することが難しく、マリルリに至っては今の環境で息してる竜連中に軒並み強い。
こないだまでラティオス使ってましたが、定数や猫を食らうだけでアローに縛られるので勝手が悪すぎです。
そうした意味でも、エンペルトドククラゲ等も面白い選択になってくると思ってる。
特にエンペルトはアローにも強く、技も中々面白いのでこいつを軸にしたパーティも今後作ってみようと思っています。

復帰

今年のWCSは残念ながら私情(主に就活)により参加することができませんでした。

しかし、ある程度状況が落ち着いたので最近はランダムで肩慣らししながら復帰していこうかなって思っています。
RSリメイク後のWCSは恐らく全国ダブル(薄くGS)かなって思うので、とりあえず全国環境を中心にやっていく予定です。

PTは個体もいないためいきなり作るのは難しかったので、ある程度テンプレ的なのを使っています。
具体的には、クレセ・ヒードラン・霊ランド・ニンフィア・ガルーラ・化ボルト(バレル)
ってところです。眼鏡ニンフィアはパターン入ると凄く強いのですが、扱いは少し難しいですね。
後はPT全体で水耐性がないので、その辺りを詰めていく必要はあると思いました。
電気だと何気に「ライチュウ+水」みたいな単純な組み合わせに苦戦したりするのが厳しい。

使い始めは20勝2敗ぐらいで、レート楽勝かと思ってましたが、休日に潜ると1700台をうろつくのが精一杯でした。
もうちょい色んなポケを試したみたいですね。個人的にはカメックスが強力だと思ってる。


後は最近わかめてで人狼をちょくちょくやってたり、スマブラが楽しみだったり…

ちなみに人狼オールスターの自分の中でのFA(といっても候補2つあってFAじゃないけど)

[占]左右田(初日)
[狂]喜代田
[狼]シンク-アルゴ-澪田-十神-ディアベル(LW)
[狐]田中
[背]七海
[狩]クラディール
[霊]ガイ
[共]ナタリア セレス
[猫]竹内
→喜代田が背徳って線もなくはないが、それにしては囲うタイミングが微妙すぎ。そもそも信用路線の占いしてる時点で
喜代田背徳は考えづらい。2-1だから占い初日見据えて信用と見るなら、田中を2日目に囲いもしないだろう。
終盤に占う位置になっちゃうわけだしね。
ならば囲われた田中を背徳固定しようとし、なお且つ露骨に臭い発言を連発してた七海が潜伏背で、そこの噛みが通って
驚いていた十神が狼とみるべき。
最初は以下の②の方が有力と思っていたが、終盤の会話をみる限りでは狼が狐死亡を把握しているとは到底思えないし
噛みもそうでない。
とすると占い初日で田中が背徳か狐なんだろうが、残りに狐背がいるようには見えないから田中狐。


[占]アルゴ
[狂]シンク
[狼]喜代田-澪田-田中-ディアベル-リグレットor十神
[狐]リズベット
[背]左右田(初日)
[狩]クラディール
[霊]ガイ
[共]ナタリア セレス
[猫]竹内
アルゴがかなり占い先とか良くて、正直アルゴ真で進めた場合考えられそうな内訳。
相変わらずLWの位置がよくわからない。この内訳だと喜代田に強誘導した十神が非狼
って思っていたが、飽和回避も兼ねた誘導で、なお且つ十神が狼と見られればディアベル
が白目で見られるのが狙いともいえる。
リグレットのCOについてはシンクの方が狂なら誤爆は十分にありえるので、こちらも候補。
阿部、シリカが人外はないと思う。